No.1 Visa Specialist with multi-language solutions in Kansai 
中野国際法務綜合事務所
〒530-0041   大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館11階
TEL:06-6354-3928 FAX:06-6354-3930 E-Mail:t.nakano@legal-brain.com
COPYRIGHT(C) 2007 LEGAL-BRAIN CO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.    
English
中文
Espanol
お問合せ
サイトマップ
HOME
1999年6月1日放送
「文化活動の(空手の修行)」
  シンディー 中野先生、こんばんは今日もよろしくお願いします。
 中野辰宏 こちらこそ、今日もよろしくお願いします。ところで、シンディーさん今
日はね。私の事務所にある南米出身の女性と結婚しておられる日本
人の男性から相談がよせられたのですが、それを紹介させて頂いて
もイイですか。
シンディー 先生の事務所にきた相談ですね。どんな相談ですか。
中野辰宏 じゃ紹介しますよ。中野先生こんにちは、私は南米のある国の女性
と結婚しています。きょうは妻の弟のことで相談させて頂きます。妻
の弟は現在22歳ですが、現在格闘技の勉強をしています。彼は高
校時代にレリングの国内チャンピオンにもなったことがあるそうで、
今は自分の国でジムに通ってトレーニングをしていますが、将来は
格闘技のプロ選手になりたいといっています。私は以前から日本の
空手も勉強した方がいいんじゃないかと思っていたのですがビザが
難しいと聞いたこともあり、あきらめていました。ところが、最近外国
人も沢山いる空手道場があることを友人から聞きました。その道場
に行って先生にお話を聞いたら、ビザさえとって頂ければ、うちで指
導してあげますよと行ってくれました。早速弟に電話をして聞いたら、
空手のことは知っていました。そして前から日本で空手を勉強したい
と思っていたが、お金がないからあきらめていたと言うのです。私は、
お金のことは私が何とかして上げようと思っています。そこで先生に
ご相談したいのは、日本で空手を勉強するためのビザというのはあ
るのでしょうか、そしてそのビザをとるにはどの様にしたらよろしいの
でしょうか。という相談なんですが、シンディーさんはどう思われます
か。
シンディー 空手の勉強ですか、観光ビザかな?それとも留学かな?それともほ
かに何かあるんですか?
中野辰宏 なかなかいいとこついてますね。シンディーさんは日本の「お茶」や
「お花」とか「すもう」や「柔道」なんかを知っていますよね。お茶は「茶
道」お花は「花道」といってそれぞれ日本に特有の文化なんですよ
ね。ほかにも「書道」や「日本舞踊」なんかもありますね。
シンディー もちろん知っていますよ。だけど先生それがビザとどんな関係がある
のですか。日本の文化を勉強するための特別のビザがあるのです
か。
中野辰宏 そう、結局そういうことなんです。お茶やお花や踊りや焼き物など日
本に特有の文化を勉強して身につけるためのビザがあるのです。ビ
ザの名前は文化活動=Cultural Activitiesと言います。
シンディー なるほど、Cultural Activitiesですね。先生、もう少しくわしく説明して
くれますか。
中野辰宏 わかりました。まず、最初に覚えておいて欲しいのはこのビザは
Working Visaではないということです。働くことは出来ません。法律で
は「収入を伴わない学術上もしくは芸術上の活動又は日本特有の文
化もしくは技芸について専門的な研究を行い、もしくは専門家の指導
を受けてこれを習得する活動」と書かれています。アメリカやヨーロッ
パでは日本の生花やお茶や書道は人気があると聞いていますが、こ
ういった文化を研究し或いは専門家の指導を受けて修得するための
ビザなんですね。相談者の弟さんの場合は、日本独特の文化である
「空手」について専門家である空手の先生の指導を受けて「空手」を
習得したいと言うわけですからこのビザに該当するわけです。
シンディー 先生、私の大学にも日本の文化を研究している外国人の先生や留
学生がたくさんいますよ。彼らは「教授」や「留学」のビザでしょう。どう
ちがうのですか?
中野辰宏 シンディーさんすごくいいところに注目していますね。大学や日本の
研究機関で日本文化を研究する場合は「教授」とか「研究」すね。こ
れらのビザの場合は「報酬」をもらえるでしょう。つまりWorking Visa
ですね。そしてその研究の内容はどちらかと言えばアカデミックな分
野になりますね。外国の同じような文化との比較研究とかね。そして
それを「論文」として学会に発表したりしますね。一方、「留学」の場
合は、大学や専門学校という日本の教育機関での勉強ですね。日
本の文化を勉強する場合は「日本文学」などでしょうが、これもやはり
アカデミックな「学問」を勉強するわけですね。それに対して「文化活
動の場合は、直接「専門家」に弟子入りしたり、入門したりして指導を
受けるわけです。そこではアカデミックな「学問」を勉強するというので
はなく、日本に特有の行儀やしきたりなどを日常の生活を通じて身に
つけて行くという方法だと思うのです。
シンディー ちょっと難しいけど、なんとなく分かりますよ。ところで先生、Cultural 
Activitiesでは働けないのですから、日本での生活や専門家の先生
への月謝はどうするのですか。留学生の場合は、奨学金があるので
すが。
中野辰宏 これも鋭い質問ですね。全て自分で負担しなければなりません。つま
り、日本では働けませんから自分で貯金を持って日本へ来るとか、
お父さんにお金を出してもらうとかですね。この相談の方の場合は日
本人である義理のお兄さんが出してくれるとのことですね。あと、日本
特有の文化には「弟子入り」制度というのがあるのですよ。どんなも
のかというと、専門家の先生の身近で先生の身の回りのお世話をし
たり運転手としてただで働き、時間があるときに先生から指導を受け
るという制度です。今でも落語家の社会などに残っていますね。お相
撲さんの「部屋」も似たような部分がありますね。このような場合であ
れば、日本での生活費はあまり要らないですね。このような弟子入り
の場合は先生のお宅に「住み込み」のケースが多いのです。部屋代
はいりませんよね。
シンディー なるほどね。「弟子入り」ですか、でもきびしそうですね。まるで専門家
の先生のメイドみたいだね。先生、最後にどんな書類をそろえたらい
いのか教えてください。
中野辰宏 分かりました。それでは先ず、この相談者の方の弟さんが入門しよう
とする空手道場のことが分かるような書類が必要です。空手には沢
山の「流派」があるので、何流なのか、指導方法はどうやってするの
か、指導者の先生の経歴とか、門下生の数、何年くらいで修得できる
のか等が分かる書類です。次ぎに今度は弟さん自身の書類です。学
校の卒業証明書、高校時代にレスリングのチャンピオンになったこと
を証明する書類、今トレーニングをしているジムの推薦状などです
ね。そして、日本での生活費を支弁してくれる義理のお兄さんの収入
証明書、在職証明書などですね。文化活動ビザは働くことのできない
ビザですから、この義理のお兄さんの書類は特に重要です。というよ
うなことですが、なかなか面白いビザでしょう。「文化活動」って…
シンディー うん、うん、なかなか面白いですね。先生、今日は有難うございました。
中野辰宏 こちらこそ、有難うございました。