No.1 Visa Specialist with multi-language solutions in Kansai 
中野国際法務綜合事務所
〒530-0041   大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館11階
TEL:06-6354-3928 FAX:06-6354-3930 E-Mail:t.nakano@legal-brain.com
COPYRIGHT(C) 2007 LEGAL-BRAIN CO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.    
English
中文
Espanol
お問合せ
サイトマップ
HOME
 1999年8月17日放送
「国際離婚シリーズ第一回国際離婚のアウトライン」
シンディ
中野先生こんばんは、今日もよろしくお願いします。
中野辰宏 こちらこそ、よろしくお願いします。
シンディ
先生、このところ、離婚に関するFAXでの相談が多いので、今日か
らシリーズで国際離婚について教えてくれますか。
中野辰宏 分かりました。それでは今日から6回シリーズで国際離婚の特集とい
きましょうか。そうしたら今日は先ず、第1回目ですから国際離婚の
アウトラインから説明しましょう。
シンディ
先生、国際離婚は国際結婚よりも難しいと言われますが、本当です
か。それは何故ですか。
中野辰宏 それはね、例えば日本人同士の場合でも、結婚よりも離婚は難しい
よね。結婚と言うのは誰にどんなに反対されても二人が愛し合ってい
れば二人のパワーでみんな結婚しちゃうよね。ところが、離婚はお互
いに愛情が冷めたり、憎しみあったり、他に好きな人ができたりして、
また子供の問題や仕事のことやその他色々問題が起こってものすご
いエネルギーを消耗するでしょう。ところが国際離婚となると、今言っ
たような問題にプラスして離婚する時にどの国の法律を適用して離
婚するかということから考えなければならないんです。つまり、国によ
っては離婚の認められていない国や、離婚に制限のある国があるの
です。例えば、日本では離婚は比較的簡単に認められるのですが、
フィリピンでは離婚はみとめられていないよね。また、オーストラリア
では1年以上別居状態が続いていないと離婚できないんです。この
ように国によって様々だから、離婚をできる国の人と離婚を認められ
ていない国の人が離婚する場合には先ず、どちらの国の法律が適
用するかを考えなければならず、その適用がなかなか難しいのです
よ。
シンディ
なんかとても難しそうですが、もう少し分かりやすく説明してくれます
か。
中野辰宏 国際結婚や国際離婚でどこの国の法律を適用するかを規定してい
る法律を「法例」と言います。この法例によって離婚をできない国の
人との離婚もできるということになるのです。例えば、日本人の男性
とフィリピン人女性の離婚を考えてみると、日本の法律では離婚は
認められていますが、フィリピンの法律では離婚はみとめられません
よね。でもこれって何か変でしょう。そこで法例16条には二人が日本
で暮らしておりその夫婦の一方が日本人の時は日本の法律を適用
して、相手がフィリピン人のときであっても離婚ができるということに
なるわけです。
シンディ
なんとなくわかったような気がするけど、やっぱり難しいね。先生ほか
にもまだいろいろ難しい問題があるのでしょう。
中野辰宏 まだまだ一杯ありますよ。小さな子供がいる場合には両親のうちの
どちらかが子供の親権者にならなければいけないんだけど、このと
きにもやっぱりどこの国の法律を適用するかが問題になります。そ
れでなくても親権者を決めるというのは難しいでしょう。
シンディ
そうですね。親権者の問題は難しいですね。子供のことを考えなけ
ればいけないから大変ですね。先生、離婚といえば慰謝料の問題も
ありますよね。
中野辰宏 さすが、シンディーさんよくご存知だ。そうなんです、慰謝料や子供の
養育費の問題、財産分与の問題は離婚には付きものですからね。
大変ですよ。もっと難しいのは、外国で裁判した場合の判決の効力
の問題があります。このあたりになると正直言って私もよく分かりま
せん。弁護士の専門分野ですからね。
シンディ
国際離婚の場合は、離婚したあとの名前の問題もありますよね。
中野辰宏 そのとおりです。国際結婚のときにお話ししましたが、日本人が国際
結婚で名前を変えた場合は3ヶ月以内であれば、役所に届ければ結
婚前の名前に戻すことができます。こどもがいる場合は子供にも同じ
問題が発生します。
シンディー 先生一番大事な問題はビザの問題ですね。離婚した外国人が日本
で暮らしたいのであればビザの変更をしないといけないのですよね。
中野辰宏 そのとおり、シンディーさんもうビザのプロフェッショナルじゃないです
か。離婚しても引き続いて日本で暮らしたいのであれば当然結婚ビ
ザから変更しなければなりません。これがある意味では一番重要で
すね。他のビザに変更できない場合は帰国するしかないですから
ね。結婚して子供がいる場合やワーキングビザに変更できる方の場
合はいいのですが、子供もいないし、どの在留資格にもあはまらない
けれど、日本で町工場の労働者として5年間働いているような場合は
やっぱり何とかして日本で暮らしたいよね。
シンディー 先生、日本は単純労者を認めていないから、引き続いて日本で働く
ことが難しいのですね。
中野辰宏 そうそう、そう言うことです。離婚した方にとって引き続き日本で暮らせるか、本国に帰らなければならないかということは大きな問題でしょう。この国際離婚シリーズでは今話したような問題や、子供の認知の問題など国際離婚に関わる様々の難しい問題をできるでけ分かり安く解説したいと思っていますのでリスナーのみなさんどんどん質問をお寄せ下さい。
シンディー 先生今日はどうも有り難うございました。
中野辰宏 私の方こそ有り難うございました。