No.1 Visa Specialist with multi-language solutions in Kansai 
中野国際法務綜合事務所
〒530-0041   大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館11階
TEL:06-6354-3928 FAX:06-6354-3930 E-Mail:t.nakano@legal-brain.com
COPYRIGHT(C) 2007 LEGAL-BRAIN CO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.    
English
中文
Espanol
お問合せ
サイトマップ
HOME

 2000年1月18日放送
「退去強制させられた人との結婚」

RealAudio
シンディ
中野先生こんばんは、今日もよろしくお願いします。
中野辰宏 私の方こそ、よろしくお願いします。シンディーさん今日は最近私の
事務所に相談にお見えになった方のケースを紹介しますので一緒
に解決方法を考えましょうか。
シンディ
ハイ、いいですね。今日は私も相談員になったつもりで先生と一緒に
考えます。どんなケースですか?
中野辰宏 相談にお見えになったのは35歳の日本人男性です。彼は昨年の98
月頃、ダンサーとして日本に来ていたある国出身の女性と親しくなっ
たんですね。ところが親しくなって間もなく彼女はオーバーステイとい
うことで退去強制させられてしまっちゃったんです。しかし彼は彼女
のことが忘れられず彼女の国に何回も何回も彼女の国に会いに行
きました。そして知り合ってから1年目の99年の9月とうとう彼女にプ
ロポーズしたんです。
シンディ
すごい、かっこいいですね。先生もちろん彼女はOKだったんでしょ
う?
中野辰宏 うん、とっても喜んだって言ってました。そして来月彼女の国で結婚
式を挙げるということです。
シンディ
ハッピーエンドですね。でも先生の所に相談にきたということは何か
問題があるんだな。う~ん何かな??普通は結婚式をしたあと彼が
日本に帰ってきて、エジリビリティーで呼び寄せてあげればそれでい
いですよね。
中野辰宏 うん、シンディー相談員のいうとおりです。しかしね、彼女は退去強
制させられたでしょう、だから彼は彼女と一緒に日本で暮らすことが
できるかどうかとても心配しているんですよ。
シンディ
でも先生、退去強制させられても1年たったらまた日本に戻ってくる
ことができるのではないのですか。
中野辰宏 シンディーさんよく勉強していますね。確かに現在の入管法では退
去してから1年間は上陸できないとなっていますね。そして今年の2
月18日からは退去後5年間は上陸できないということもご存知です
ね。
シンディ
そう、だから何も心配することはないんじゃないですか。彼は一年間
に何回も彼女の国でデートして、やっと結婚できることになったんで
しょう。しかも、イミテーションではない本当の結婚でしょう。それなの
に一緒に暮らせないなんてことはあるの?
中野辰宏 う~ん、シンディーさん鋭いな。シンディーさんの言うとおりなんだけ
どね、退去強制させられた場合にはなかなか難しい問題があるので
すよ。私が過去に扱ったケースでは結婚して4年経ったけれど、退
去強制させられたために日本に入国できない花嫁さんもいらっしゃ
るのですよ。この間日本人の夫は彼女に毎月20万円の生活費を送
り続け、年に数回彼女の国に会いに行き、3回エジリビリティーを試
みたけれど全て駄目というこんなケースもあるんですよ。
シンディ
ええっ、ウソでしょう。そんな話しがあるなんて私信じられな~い。だ
けど先生、そんなことが許されるの。二人の結婚がイミテーションだ
ったら仕方ないと思いますよ。だけど本物の結婚をした二人が一緒
に暮らせないなんて、、、、考えられないね。イミグレーションは二人
の愛を引き裂くのね。
中野辰宏 何かシンディーさん、だんだん興奮してきたみたいだな。確かに信じ
られないかも知れないけど、ホントなんですよ。実はね、退去強制の
裏には様々な真実が隠されていることが多いのです。単純にオーバ
ーステイだけだったら確かに現在の入管法では一年たてば入国でき
ると解釈することはできるんだけど、これとて厳密に言えば「退去強
制から一年を経過すれば入国できる可能性がある」ということなんで
すよ。
シンディー えっ、そうなんですか、私は当然の権利として入国できると思ってい
ました。
中野辰宏 入管法の5条9号にそのことが規定されているんですが、オーバー
ステイで退去強制になったという場合でも、実は色んなケースがある
んですよ。例えば単純にオーバーステイになったからということで自
主的に入管に出頭して退去させられたというケースやオーバーステ
イして更に働いていたところを入管の摘発によって身柄を拘束のうえ
退去させられたというケースなど様々です。
シンディー なるほど、単にオーバーステイで自分で入管に出頭した人の方がイ
メージはいいですね。こんな人なら一年でOKなんですね。
中野辰宏 そう、オーバーステイしていた年数や働いていたかどうかも徹底して
調べて入管は退去強制にするのです。偽造パスポートを使って観光
ビザで入国してオーバーステイして働くなんてケースはいくれでもあ
りますからね。そんなケースだと一年経ったからってそう簡単には
入国できないでしょうね。
シンディー 確かに色んなケースがあるのですね。偽造パスポートの話しや、不
法就労の話しはよくありますね。
中野辰宏 例えば入管法5条7号には売春に関係のある業務に従事したことが
ある人の場合について規定されているのですが、売春容疑の場合

は永久に日本に入国ができないと書かれています。日本で有罪判
決を受けたということではないんですね。そういう疑いがあるということ

で退去強制させられてしまったら、もう二度と日本には入国できない
ということなんですよ。
シンディー う~ん。厳しいですね。だけどね、先生、そんなケースであっても日
本人と結婚したカップルだっているでしょう。それでも二度と日本に
入国できないのですか?
中野辰宏 全く不可能とは言えないかもしれないけれど、かなり厳しいことは
間違いないですね。日本の民法では752条に夫婦は同居し、互いに

協力し扶養しなければならないと規定されており、夫婦は一緒に
暮らす義務があると書かれているのですね。また日本が批准して
いる国際人権規約のB規約でも23条や17条で家族を形成する
権利が認められ、家族の生活が不法に干渉されることはないと
規定されてい
るのですが、日本政府は日本への入国を許可する
か否かは日本国の主権の問題であり、法務大臣の裁量に委ね
られているという立場をとっています。
シンディー だんだん難しい話しになってきましたね。ということは先生、日本人と
結婚しても永久に入国できないような場合にはその二人は分かれる
しかないのですか?私は愛は国境を超えると信じているのですが、、?
中野辰宏 いいえ、私もシンディーさんと同じく、愛は国境も宇宙も越えると
信じています。だから、二人が愛し合っているかぎり何回も何回もエジリ

ビリティーにチャレンジすることです。言ってみれば入管との根競べ
ですね。私はそんなカップルをどこまでも応援したいですね。必ず入
国できますよ。だから、私の事務所にお見えになったクライアントに

ついては、彼女の退去強制の内容をもう少し詳しくインタビューしよう
と思っていますが心配することはありませんよと言ってあります。
シンディー 真実の愛に勝るものはないということですね。先生今日はとても
熱くなるようなお話しでとっても楽しかったです。有難うございました。
中野辰宏 シンディーさんのペースに乗せられちゃって久しぶりに熱くなりました。
私の方こそ、有難うございました。