No.1 Visa Specialist with multi-language solutions in Kansai 
中野国際法務綜合事務所
〒530-0041   大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館11階
TEL:06-6354-3928 FAX:06-6354-3930 E-Mail:t.nakano@legal-brain.com
COPYRIGHT(C) 2007 LEGAL-BRAIN CO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.    
English
中文
Espanol
お問合せ
サイトマップ
HOME
2000年4月18日放送
 「ワーキングホリデーから就労ビザへの変更」

RealAudio
シンディ
中野先生こんばんは、今日もよろしくお願いします
中野辰宏 はい、こんばんは。私の方こそ今日もよろしくお願いします。
シンディ
先生、今日はリスナーの方からFaxががきていますので、紹介します
ね。
 シンディーさん、中野先生こんばんは、私は現在ニュージーランドか

らワーキングホリデーのビザで日本に来ています。もうすぐビザが切
れるので日本から帰れなければならないのですが、1年間働いてい
た日本の会社の会社の社長さんが私のことを気に入ってくれて、こ
のあとも正社員として働いて欲しいと言われています。私自身もこの
会社がとても気に入っているので、ずっと働きたいと思っています。
中野先生、私がこの会社で働き続けるためにはどうすればいいので
しょうか。という相談なのですが、先生いかがでしょうか。
中野辰宏 なるほど、分かりました。それでは早速説明に入りますね。ところで
シンディーさんはワーキングホリデーはご存知ですか。
シンディ
はい、聞いたことはあるのですが、フィリピンの場合は認められてい
ないから詳しいことは分からないですね。それでは先生、先ずワーキ
ングホリデーについて説明してくれますか。
中野辰宏 はい了解です。ワーキングホリデーというのはね、日本とオーストラ
リア、ニュージーランド及びカナダそして韓国、フランス等との政府間
協定に基づいて 青少年に対し発行される特別のビザなんです。国
際的視野を持つ青少年の健全な育成や、相手国との相互理解の促
進、 友好関係の増進等を目的としています。次代を担う青少年に対
し、相手国の文化と生活を理解するための一層広範な機会が与えら
れるよう、 主として休暇を楽しむために6か月から1年という長期の
滞在とその間の旅行や生活の資金を補うため、 仕事に従事するこ
とも認める特殊のビザです。
 オーストラリアとは1980年12月1日から、ニュージーランドとは1985

年7月1日から、また、 カナダとは1986年3月1日からそして韓国とは
1999年4月1日から、フランスとは1999年12月1日からそれぞれこの
制度がスタートしています。それぞれの国によって取り扱いが若干の
違いがありますが、概ねこの制度の対象者は18歳から25歳くらいま
での若者です。そして未婚既婚は問わないのですが、子供を同伴す
ることはできないことになっています。
シンディ
分かりました。いいですね。こういうビザがあると。働いてもいいビザ
なんですね。
中野辰宏 はい、完全なる就労ビザと言うわけではないのですが、最長で1年間
という長いビザなので、ある程度の生活費や旅費を補助するために
アルバイト程度の仕事をしながらお互いの国の色んなところを旅行し
てほしいという願いが込められているのですね。
シンディ
先生、どんな仕事でもいいのですか。
中野辰宏 キャバレーやナイトクラブなどのような風俗営業店と言われるような
ところでは働くことが出来ませんが、それ以外のところでの就労は
比較的緩やかに認められているようです。
シンディ
現在のところ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フラ
ンスとの間で認められているということですね。
中野辰宏 そう、それらの国との間の政府間協定ですから、日本の若者も同じ
ようにそれぞれの国に行って働きながら旅を続けているのですね。
私も若かったら行ってみたいね。若いときに単なる観光ではなく、留
学やこのようなワーキングホリデーを利用して外国に行ってそれらの
国の文化や人に接すると言うのはいいですよね。シンディーさんも留
学生として日本に来られたのでしょう?
シンディ
そうですね。若いときには色んなことにチャレンジした方がいいです
ね。私もあの頃は若かったわ。。。。。(^.^)  ところで、先生このリス
ナーの方からの相談についてはいかがですか??
中野辰宏 ア、そうでした、肝心の相談に答えなければいけないのだった(*_
*)。この方は引き続いて日本で働きたいと言うわけなんですが、問
題はこの方が日本で働くための在留資格に相応しい学歴なり、経歴
なりを有しておられるかということなのです。つまり、今はワーキング
ホリデービザでおそらくアルバイト扱いで勤めておられるから在留資
格は気にしていなかったと思うのだけれど、今度はWorkingVisaを取
得しなけ得れば働けなくなりますね。だからこの会社で行う彼の活動
と、彼の学歴なり職歴が大事なのです。そういう意味では年齢も大
事ですね。仮に20歳くらいだと高校を卒業してすぐに日本に来たこと
になるだろうから大学にも行っていないし、おそらく実務経験がもの
をいう職歴もないでしょうね。それならかなり厳しいかな。
シンディー なんとなく先生の言っている事が分かるわ。例えばこの方が今の会
社で事務職として働いているのであれば、在留資格は「人文知識・
国際業務」になるから大学で法律や会計学を勉強していなければ駄
目だし、通訳やデザイナーそして就職するのであれば、大学を卒業
していなくてもいいけれど、3年以上の実務経験が必要だということ
でしょう?
中野辰宏 わあ、凄いなシンディーさん。そういうことです。私の言いたいことを
みんな言ってくれましたね。
シンディー ヘヘヘ。。。(^.^) それほどでも。。。。 (^^ゞ
中野辰宏 もし、このような要件をクリアできて、かつ会社での活動とも関連が
あるのであれば、その時は、ビザが切れる前に「在留資格変更」は
可能ですよ。
シンディー 先生、EligibilityではなくてChangeでOKなんですね。
中野辰宏 はい、この方の場合いってみれば今の会社に就職が内定している
ようなものですからChangeでOKですよ。ワーキングホリデービザが
切れるまでに就職先も決まっていないというのであればEligibilityで
やるしかないですけどね。
シンディー 先生、よく分かりました。今日は有難うございました。
中野辰宏 いいえ、私の方こそ。。。。。m(__)m