No.1 Visa Specialist with multi-language solutions in Kansai 
中野国際法務綜合事務所
〒530-0041   大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館11階
TEL:06-6354-3928 FAX:06-6354-3930 E-Mail:t.nakano@legal-brain.com
COPYRIGHT(C) 2007 LEGAL-BRAIN CO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.    
English
中文
Espanol
お問合せ
サイトマップ
HOME
2000年9月19日放送
 「企業内転勤(関連会社からの社員の呼寄せ)」                
シンディー 中野先生こんばんは、今日もよろしくお願いします。
中野辰宏 はい、こんばんは。私の方こそ今日もよろしくお願いします。
シンディー 先生今日は、ある会社の社長さんからFaxが届いていますので、紹
介します。私は大阪市内でアパレル関係の会社を経営しております
が、当社はヨーロッパのある国に業務提携をしている関連会社があ
ります。このたび当社では、オリジナルブランド開発のため、この関
連会社から開発スタッフを呼びたいと考えています。どのような手続
をすればよいのでしょうか。という相談ですが、先生よろしくお願いし
ます。
中野辰宏 なるほど、分かりました。今はアパレル業界も厳しいと言われていま
すからね。おそらく、イタリアかフランスにある関連会社から優秀なデ
ザイナーをお呼びになるのでしょうね。
シンディー 先生やっぱり、ファッションはイタリアかフランスですね。
中野辰宏 そうですね。私はイタリアンが結構好きですね。
シンディー 先生、今日のファッションはイタリアンですか。
中野辰宏 はい、今日はバッチリイタリアンです。ラジオっていいね。
シンディー 先生、何言ってるの? 知らないな! COCOLOは見えるラジオな
のよ。
中野辰宏 えっ!? COCOLOは見えるラジオなの?知らなかった!だからシ
ンディーさんはいつもきれいにドレスアップしてるんだね。まいったな。
シンディー ふふふ、先生今ごろ分かった? ところで先生この社長さんからの質
問に答えてくださいよ。
中野辰宏 あ、そうだった。ついシンディーさんに乗せられてしまったよ。さて、こ
の社長さんの質問では、ヨーロッパにある関連会社からデザイナーを
呼びたいということでしたね。このように、日本にある会社が、外国に
ある関連会社から職員を呼寄せて勤務させる場合のビザは、企業内
転勤という資格がそれに該当します。英語ではIntracompany 
Transfereeといいます。
シンディー なるほど、Intracompany Transfereeですか。ところで先生、関連会
社ってどんな会社かよく分からないので説明してくれますか。
中野辰宏 関連会社というのはね、先ず、ある会社をA社としましょうか、そして
もう一つの会社をB社としましょう。そのA社がB社の議決権の100分
の20以上100分の50以下を実質的に所有し、かつ、A社が、人事、資
金、技術、取引等の関係を通じてB社の財務及び営業の方針に関し
て重要な影響を与えることができるような関係にある場合A社からみ
たB社を関連会社といいます。
シンディー ちょっと分かりにくいのですが、この社長さんの会社とヨーロッパの会
社もA社とB社のような関係であれば関連会社ということができるので
すね。
中野辰宏 さすがシンディーさん、そういうことです。そして企業内転勤というのは
このような関連会社間や、親会社と子会社間での従業員の異動をい
います。転勤とか、出向などですね。
シンディー 分かりました。外国人従業員が外国にある会社親会社や子会社や
関連会社から日本の会社に転勤してくることですね。先生、仕事の
種類は何でもいいのですか。
中野辰宏 シンディーさんはいつもいいところを突いてくるな。これ仕事の内容は
きまっています。「技術」の在留資格に該当する活動と、「人文知識・
国際業務」に該当する活動です。
シンディー 技術ですからエンジニアですね。いわゆる理科系の学部を卒業した
人達の仕事ですね。それと人文知識・国際業務は文科系の学部を
卒業した人達の仕事ですね。通訳やデザイナーがそうですね。
中野辰宏 はい、もう何も言うことはありません。ですから、この社長さんの会社で
呼寄せようとしているのは服飾関係のデザイナーですから企業内

転勤で呼寄せることができますね。
シンディー 先生、デザイナーは専門学校とか大学を卒業していなければ駄目
なのですか。
中野辰宏 いいえ、別に学歴は関係ありませんよ。デザイナーの場合、大事な
のは「3年間以上の実務経験」です。どんなに優秀な方であっても3年
の実務経験がなければその対象にはなりませんからこの点だけを
注意して欲しいですね。
シンディー 先生、呼寄せる方法は、やはりEligibilityですか。
中野辰宏 はい、そうです。Eligibilityになります。
シンディー それでは、最後にそろえなければならない書類を教えてくれますか。
中野辰宏 分かりました。書類は大きく分けて二つに分かれます。呼寄せる会社
のことが分かるような書類と、外国人社員のことが分かるような書類です。
先ず会社側の書類としては、外国の関連会社と日本の会社との関係
を示す書類が必要です。外国の会社の登記簿謄本や出資関係が
分かる書類、取引関係が分かる書類などですね。そして日本の会社
のことが分かる書類が必要です。商業登記簿謄本や決算関係

書類、会社案内などがこれにあたります。次に外国人従業員に関する
書類としては、外国の会社での在職証明書、そこでの勤務内容や
勤務期間が判るような書類です。デザイナーの場合は3年間の実務

経験が判るようなものでなければなりません。また、転勤前1年間に
従事した職務内容や勤務内容が特に重要です。デザイナーの方の
履歴書も必要ですね。あとは日本の会社への転勤命令書、日本の
会社での報酬や期間、地位などが判る書類も必要です。
シンディー 沢山の書類が必要なのですね。社長さんわかりましたか。
 先生どうも有難うございました。
中野辰宏 私の方こそ、有難うございました。