No.1 Visa Specialist with multi-language solutions in Kansai 
中野国際法務綜合事務所
〒530-0041   大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館11階
TEL:06-6354-3928 FAX:06-6354-3930 E-Mail:t.nakano@legal-brain.com
COPYRIGHT(C) 2007 LEGAL-BRAIN CO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.    
English
中文
Espanol
お問合せ
サイトマップ
HOME
2000年10月17日放送
「タンゴダンサーの在留資格」
シンディー 中野先生こんばんは、今日もよろしくお願いします。
中野辰宏 はい、こんばんは。私の方こそ今日もよろしくお願いします。シンディ
ーさん今日はね。私の事務所に相談に見えた方のお話をしましょう。
なかなか興味のある話しだと思いますよ。
シンディー そうですか。楽しみですね。どんなお話しですか。
中野辰宏 シンディーさんは、タンゴを知っていますか。あの情熱的なタンゴ
を。。
シンディー はい、もちろん知っていますよ。情熱的ですね。タンゴって
中野辰宏 あのタンゴがまた最近ブレークしているらしいのですよ。
シンディー あ、そうなのですか。タンゴって大人の世界ですよね。
中野辰宏 そう、タンゴは音楽としても楽しめるし、またダンスの要素も素晴らし
いから芸術としては奥深いですね。何年か前にアルゼンチンの映画
でそのものズバリの「タンゴ」って言う映画がありましたが、あの映画
に僕はしびれましたね。僕はバンドネオンの音に酔いしれてしまうの
ですよ。甘く切なくむせび泣くようなバンドネオンの奏でる音はもう完
全に大人の世界ですね。官能の世界ですね。 ^/^
シンディー ちょっと先生 (>_<)、官能の世界もいいけどこの番組はVISAのお話
しがテーマなのですよ。
中野辰宏 あ、そうだったね。わき道にそれちゃった。ごめんね(~_~メ)、そこで今
日はタンゴダンサーのVISAに関する話をしましょう。
シンディー 芸術の秋にピッタリの話題ですね。
中野辰宏 はい、若くてハンサムなダンサーの話ですよ。たしか年は20歳だった
でしょうか
シンディー いいですね。若くてハンサムなダンサーは・・・・§^。^§ でももうベテ
ランなんでしょうね。
中野辰宏 そうです。とにかく15歳の頃からタンゴを踊っていたらしいのです。そ
してその後あちらでは有名な先生に師事して勉強していたということ
です。
シンディー 先生、ダンサーということですからVISAはEntertainerですか
中野辰宏 さすがシンディーさんいいところに目をつけてるな。確かにダンサーと
いえば先ず頭に浮かぶのは興行VISAだよね。このVISAはどちらか
というとShow Businessの世界で生きている方たちに相応しいVISA
ですね。演劇、演芸、演奏、スポーツ等の興行ですよね。いわゆる
Showですね。それとそれらの周辺で働いているスタッフのための
VISAといったらいいでしょうか。
シンディー だけど、要件がきびしいのですよね。特にダンサーの場合は。一定の
資格が必要だったり、2年以上の外国での経験が必要だったり、

他にも細かい基準が一杯ありましたよね。先生
中野辰宏 はい、そうですね。例えば、外国人の興行に係る業務について3年
以上の経験を有する管理者が必要であったり、5名以上の常勤の
職員を雇用していることだとか、ステージの面積だとか、控え室の広さだ

とかが細かく規定されていますね。だから興行の場合は、プロスポーツ
や一流のミュージシャンを除けば、プロモーター等が関与していなければ
VISAが取得できないケースが結構多いのですよ。
シンディー ということは、この方の在留資格はEntertainerではないのですか。
中野辰宏 はい、ここがちょっとひとひねりの中野事務所なのです。
シンディー 先生そこのところ、もう少し詳しく話してくれますか。
中野辰宏 もちろん彼を受け入れてくれるプロモーターがあればそれでいいの
ですよ。ステージやナイトクラブでShowとしてタンゴを踊ることも当然
あるので問題はないのですが、もっと彼に相応しいのはタンゴの
インストラクターといった方がいいでしょうか。つまりタンゴダンスの指導者

です。
シンディー タンゴのインストラクターですか?? (+_+) でも先生、そんなVISAが
あるのですか
中野辰宏 はい、彼がこれから日本で行うダンス教室でのインストラクターとして
ピッタリのVISAがあるのです。それは「芸術=Artist」です。
シンディー ARTISTですか? (@_@) 先生、詳しく説明してくれますか
中野辰宏 はい、よろこんで。Artist Visaはね、先ず日本で創作活動を行う作
曲家、作詞家、画家、彫刻家,工芸家,著述家及び写真家等や、音楽,
美術,文学,演劇,舞踊,映画等の芸術活動の指導者としての活動
を行う者に対して許可されるVISAなのですよ。だから、タンゴダンス
の指導を行う彼にはピッタリのVISAだというわけです。
シンディー なるほど、そう言われたら、なるほどそうですね。でも先生、厳しい条件が
一杯あるのではないですか。例えばインストラクターとしての経験が
何年以上必要だとか、コンクールで優勝したことが必要だとか・・・・
中野辰宏 シンディーさんさすがだな。目の付け所がいいね。でもね。芸術とい
う資格には細かい上陸審査基準がないのですよ。「展覧会への入選
等芸術上の相当程度の業績」と「芸術上の活動のみで日本で安定した
生活を営むことができる」と認められればVISAが許可される在留資格
なのですよ。
シンディー ということは先生、申請の時にはどのような書類を用意すればいい
のですか。
中野辰宏 まず、大事なことは芸術活動上の業績を明らかにする資料が必要
ですね。例えば、コンクールに入賞した時の賞状だとか、その時の作

品の目録だとか、新聞や雑誌の記事だとか、出版物だとか、関係団体
からの推薦状だとか、他にも色々あると思いますがそういった物を
提出することですね。次にどこかの機関と契約をする場合はその
受け入れ機関との間の契約書や受入承諾書が必要です。また、契

約に基づかないで活動をする場合は自分自身で作成した活動内容,
活動期間,収入等を記載した書類が必要です。
シンディー なるほど、よく分かりました。ところで先生、この相談者の場合はどうですか。
中野辰宏 はい、彼の場合は、すでにいくつかのダンス教室からオファーがある
と聞いています。したがって、これらの教室との間の契約書が必要
ですね。次に彼のアルゼンチンでのダンサーとしての業績を示す書類
ですが、先ず,師事していた有名な先生からの推薦状が頂ければ
強いですね。コンクールで入賞したこともあったと聞いていますからそ

の時の症状やメダル写真新聞記事等があれば是非提出したいですね。
もちろんインストラクターとしての職歴を証明する書類等があればそれも
付ければMoreBetterでしょう。
シンディー Very Good! (^o^)丿   先生今日は芸術の秋にピッタリの話題
を有難うございました。 この秋はタンゴフィーバーですね。
中野辰宏 はい、今年の秋は、タンゴを聞いて踊って官能の世界にどっぷりと
浸りたいと思います。どうも有難うございました。