No.1 Visa Specialist with multi-language solutions in Kansai 
中野国際法務綜合事務所
〒530-0041   大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館11階
TEL:06-6354-3928 FAX:06-6354-3930 E-Mail:t.nakano@legal-brain.com
COPYRIGHT(C) 2007 LEGAL-BRAIN CO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.    
English
中文
Espanol
お問合せ
サイトマップ
HOME
2001年3月6日放送
「在留期間更新の失念 特別受理」
シンディー 中野先生こんばんは、今日もよろしくお願いします。
中野辰宏 はい、こんばんは。私の方こそ今日もよろしくお願いします。
シンディー 先生今日はVISAのExtensionを忘れてしまって困っているという方か
らFaxが届いていますのでよろしくお願いします。Extensionを忘れてし
まったら大変ですね。先生、オーバーステイになるのでしょう。
中野辰宏 そうですね。一応入管法では、1日でも在留期限を過ぎてしまえばオ
ーバーステイということになりますね。でも、ケースバイケースで判断
されますからね。シンディーさんこの方はどんなケースですか。
シンディー それでは読みますよ。シンディーさん中野先生こんばんは、私は日
本に来てもうすぐ11年になります。留学VISAで4年間勉強した後今の
会社に就職しました。会社では通訳として働いていますが、実は先
日Extensionを忘れてしまったのです。昨年は1年間の間に二人目の
子供が生まれたり、そのあと妻が病気になったり、私の母がなくなっ
たり色んなことがありました。私は子供の世話をするために会社を
休んだこともありました。それで、先日ふと気が付いたらVISAの期限
が切れていました。今は大変なことになったとオロオロしています。ど
うしたらいいのでしょうか。
中野辰宏 なるほど、お気の毒ですね。1年間の間に本当に色んなことがあった
のですね。自分の国じゃないところでこんなに色んなことが起こった
ら、私ならきっとパニックになって、やっぱりVISAのExtensionなんて
忘れてしまうだろうな。
シンディー そうですすよね。本当にお気の毒ですね。先生、何かいい方法はあ
るのでしょうか。もう10年間も日本で生活しているのでしょう。このま
ま行けばこの方は永住許可がもらえますよね。それがオーバーステ
イだから帰りなさいと言うことになればあまりにも冷たいですよね。
中野辰宏 さすが、シンディーさんだ。いいこと言うな、そのとおりですね。だから
私も先ほど、ケースバイケースで判断されると言ったのですよ。
シンディー ということは、先生この方の場合問題はないのですか。
中野辰宏 うん、もう少し事情詳しいことを聞きたいのだけれどなんとかなるの
ではないかな。今一番知りたいポイントはね、何日間くらいオーバー
ステイしているかですね。
シンディー 先生それは、法律ではっきりと決まっているのですか。例えば1週間
以内であればOKだけど、1週間を超えると駄目だとか・・・
中野辰宏 いや、先ほども言いましたが法律的には1日でも在留期限を超えれ
ばオーバーステイということになるのですが、「不法残留の期間が短
期間で、不法残留の理由に悪意がなく、また、もし在留期間内に申
請が行われていれば許可されたであろうと認められる場合」には,特
別に申請を受理して在留期間の更新を許可してくれることがあるの
です。このような取扱いを「特別受理」といいます。しかし、これは法
律で明確に規定されている訳ではありません。
シンディー そうなのですか、「特別受理(とくべつじゅり)」というのですね。優しい
ですね。日本のImmigrationは・・・・ 先生、それでは何日くらいのオ
ーバーステイならOKなのですか。1週間位ですか
中野辰宏 これはね。。。。難しいですね。Immigrationはこのあたり一切情報公
開をしていませんからね。私の過去の経験で一番長いのは70日間と
いうのがあります。
シンディー ええっ??(@_@) 70日ですか? 随分長いですね。
中野辰宏 そうですね。このケースは日本人の夫が経営する会社の経営状態
が厳しい中で、中国人の奥様がやはり妊娠しておられました。そん
な状況でご主人が会社建て直しのために日本と中国との間を飛び
回っており、奥様も通訳として中国に同行したりしていました。その
ために奥様が流産しそうになり、更新のことはすっかり忘れていまし
た。そして気が付いた時にはすでに70日位オーバーしていたという
状況でした。
シンディー なるほどね。そういう状況だったら、Extensionを忘れてしまったとしても
仕方がないでしょうね。
中野辰宏 そのとおりです。先ほど私が言った要件にあてはめてみるとまず、
「不法残留の期間は」70日ですね。これを長いとみるか短いとみるかは
難しい問題でしょうが、入管はおそらくオーバーステイに至ったやむを
得ない事情を総合的に判断してくれたのだと思います。すなわ

ち「不法残留の理由に悪意はなかった」つまりわざとオーバーステイに
なったということではないということですね。そして、もし「在留期間内に
申請が行われていれば許可されたであろうと認められる」ケー

スですよね。つまり、二人は夫婦として仲良く暮らしており、会社の
経営状況が厳しいものでなかったなら、奥さんの流産の危機もなく
二人で入管に行って更新許可されていたであろうことが想像されま
すね。このようなケースですからOKだったのですよ。
シンディー ということは、先生、このリスナーさんの場合もやむを得ない事情が
あったので入管に行ってExtensionをすることができなかったけれど、
もしもお母さんがなくなったり、病気で入院するようなことがなければ
いつもと同じようにExtensionをすることが出来たのだということを言

えばいいのですね。
中野辰宏 そういうことです。そしてこのリスナーさんの場合はやむを得ない事
情と言うのはよく分かりましたよね。あとは何日間のオーバーステイか
ということがポイントだといったのはそういうことなのです。
シンディー 先生のクライアントさんの場合は70日でOKだったから、やはり70日位
ならOKでしょうか。
中野辰宏 う〜ん、、、それは何とも難しいですね。みんなそれぞれ事情は様々
ですからね。でも1週間や10日位ならOKでしょうね。それ以上は個

別のケースによって違いますからね。
シンディー そうですね。先生、やはり一日も早くImmigrationに行くのがいいの
でしょうね。
中野辰宏 そうです、入管に行って事情を話すことが先決ですね。どうして
Extensionに行くことができなかったのかを証明できるような資料を
持っていくのがBetterですね。
シンディー 先生、それはどんな書類になりますか
中野辰宏 はい、まずはお子さんがお生まれになったと言うことですから、
出生の事実が記載されている戸籍謄本ですね。そしてその後奥様が
しばらく入院されたことを証明するお医者さんの診断書もあればいい
でしょうね。お母様がお亡くなりになったことが証明できるような書類も
付けてくれればもう十分でしょう。
シンディー 先生、それだけでよろしいのですか。
中野辰宏 はい、どれだけの書類を用意しなければならないと言う規定はどこにも
ありません。ですから他にも有力な証拠になるものがあればそれ

をもって行けばいいのです。もしも一人で行くのが怖かったら、我々の
ような専門家に相談して書類を作ってもらい、一緒に行ってもらうのが
いいでしょう。
シンディー そうでしょうね。やはり専門家と一緒に行けば安心ですよね。先生
それにしてもリスナーさんの場合は特別受理が認められるかどうかは
大きな問題ですね。もし認められたら次ぎは永住がもらえますからね。
そしてもし駄目だったら国に帰らなければならないですからね。先生、
今日はどうも有難うございました。
中野辰宏 いいえ、私の方こそ、有難うございました