No.1 Visa Specialist with multi-language solutions in Kansai 
English
中文
Espanol
お問合せ
サイトマップ
HOME
中野国際法務綜合事務所
〒530-0041   大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館11階
TEL:06-6354-3928 FAX:06-6354-3930 E-Mail:t.nakano@legal-brain.com
COPYRIGHT(C) 2007 LEGAL-BRAIN CO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.    
2001年6月5日放送
「アメリカ合衆国のVISA」
シンディー 中野先生こんばんは、今日もよろしくお願いします。
中野辰宏 はい、こんばんは。私の方こそ今日もよろしくお願いします。
シンディー 先生今日はリスナーの方からmailがきていますので紹介します。但し
今日の相談はアメリカのVISAの話しなのですがよろしいですか
中野辰宏 (@_@)(@_@)なななんと。アメリカのVISAですか 。いつかはこんな相
談が寄せられることもあるとは思っていましたが、ついに来ました
か。。。。。(-_-;)私は日本で暮らす外国人の方達のVISAが専門なの
ですが・・・・でも日本の入管法はアメリカのImmigration Lawを元に
作られているから何かお役に立つことがあるかも知れませんね。じ
ゃシンディーさん紹介してくれますか
シンディー へへへさすが中野先生。やっぱり頼りになるわ §^。^§
 それでは読みますね。
 初めてお便りさせて頂きます。お忙しいところ恐縮ですが少しお伺い

させて下さい。私は現在、飲食業とは無関係の職種で会社員として
就労しております。この度、アメリカで会社を経営している現地人の
友人と、ある日本のフランチャイズラーメン店をカリフォルニア州で開
店させたいとのプランを持っています。私自身がコックとして現地で
働くために必要なビザの種類、その取得の可能性、取得期間等につ
いてごく簡単で結構ですのでお教え頂ければと思いお便りさせて頂
きました。可能な範囲でお答え頂ければ幸いです。
 何卒宜しくお願い申し上げます。
中野辰宏 なるほど・・・これならヒントくらいはお教えすることができるかもしれ
ないですね。この方の質問には二つのポイントがあると思います。ま
ずそのひとつは自分自身がラーメン店のコックとして働くためのVISA
の種類と取得の可能性はどうかという点ですね。そしてもうひとつの
ポイントは友人と二人でラーメン店を開店するがその場合のVISAの
種類と取得の可能性はどうかという点ですね。
シンディー 先生、日本のVISAでも良く似たケースがありますよね。コックさんの
VISAは「技能」でしょう。ポイントは10年以上の経験があるかどうかで
すよね。
中野辰宏 シンディーさんVeryGood!その通りです。私の調べたところではアメ
リカでの同種のVISAはH-1BというVISAがそれに該当すると思いま
す。典型的なのは日本の寿司職人や割烹料理の板前さん達がアメ
リカで働く場合に与えられるVISAです。日本のVISAのような実務経
験が10年以上必要なのか否かは定かではありませんが、熟練度が
要求されるはずです。おそらく日本と同じように過去に日本で勤務し
ていたお店の証明書等が要求されると思います。
シンディー 先生、それではフランチャイズのラーメン屋さんのコックさんの場合
はどうでしょうか。
中野辰宏 難しいですね。高度な技術や経験が要求されるでしょうか。テレビ等
でよくあるある行列ができる「こだわりのスープ味」の店ならともかく、
フランチャイズ店の場合は一定のレシピがありマニュアル通りに作っ
ていけば一定の味のラーメンが作れるというものではないのだろう
か。。。そうであるならばリスナーさん自身がラーメン屋のコックさん
として働くのは厳しいのではないでしょうか。ただ、大きなフランチャ
イズチェーンで既にアメリカに進出して商売を展開しているようなもの
であればVISAの手続もスムーズに行くかもしれないですね。
シンディー なるほどね。ラーメン屋さんでも行列のできるような店でなければ難
しいということですね。
 じゃあ、先生VISAの取得に要する日数はどのくらいですか。
中野辰宏 これも詳しいことは分かりませんが、申請後許可までの期間は6週間
〜7週間位はかかると聞いたことがあります。
シンディー 先生次に、お店のオーナーになるという方法について考えてくれます
か?日本でいえば投資・経営がこのVISAにあたるのでしょうか
中野辰宏 このVISAはE-2Visaがそれに該当すると思います。このVISAを取得
するためには相当多額のアメリカでの出資が必要だと思います。し
かも友人との共同経営だということですからラーメン店の経営に必要
な投資額の50%以上を引き受けることが必要だと思います。ラーメン
店の経営ですから、場所のいい所であれば店舗を確保するだけでも
かなりの資金が必要ですね。それに、フランチャイズ店への加盟とな
るとかなりのロイヤリティーを払わなければならないかもしれません
ね。それであればアメリカでの投資は相当額にのぼり、E-2VISAの
取得は可能になるかも知れません。日本食のレストランで20万ドル
程度の投資額で認められたと聞いたことがあります。
シンディー 先生、日本での「投資経営」VISA取得のためにはどの位の投資が
必要ですか。
中野辰宏 この点については日本の入管では公開はしていないですね。一説に
よると500万円以上でなければならないともいわれています。私は事
業の種類によって差があると思います。工場を経営するような場合
は機械だけでも何千万円もするでしょうし、貿易会社などでは机と電
話とファクシミリがあればOKというようなものでしょう。
シンディー 先生ほかに注意すべきポイントはありますか。
中野辰宏 そうですね。これも日本と同じだと思いますが、現地従業員の採用が
必ず必要だと思います。日本の場合は、日本人もしくは身分関係に
基づく資格を持って在留している外国人従業員を2名以上雇用する

こととなっていますね。そしてこの従業員達の給料は最低賃金規定
をクリアしており、常勤であることが要求されていますね。
シンディー はいそうですね。投資経営VISAで一番難しいのがその点でしたね。
中野辰宏 現地の雇用情勢に貢献すると言うアクティブな側面があるのがこの
VISAのポイントであると思います。いずれにしても私はアメリカVISAの
専門家ではありません。今日申し上げていることはあくまでも日本の
VISA制度から推測して申し上げているに過ぎませんから、最終的には
現地の専門家に相談されることがBESTだと思います。
シンディー そうですね。先生今日は有難うございました。
中野辰宏 いいえ、私の方こそ