No.1 Visa Specialist with multi-language solutions in Kansai 
English
中文
Espanol
お問合せ
サイトマップ
HOME
中野国際法務綜合事務所
〒530-0041   大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館11階
TEL:06-6354-3928 FAX:06-6354-3930 E-Mail:t.nakano@legal-brain.com
COPYRIGHT(C) 2007 LEGAL-BRAIN CO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.    
2001年7月17日放送
「留学VISAから就労VISAへの変更」
シンディー 中野先生こんばんは、今日もよろしくお願いします。
中野辰宏 はい、こんばんは。私の方こそ今日もよろしくお願いします。
シンディー 先生今日は留学生の就職のことで話してくれるそうですがよろしくお
願いします。留学VISAから就労VISAへの変更は難しいのですか
中野辰宏 そうですね。最近私の事務所には何人かの不許可事案の相談があ
りました。しかもその不許可になった理由が殆ど同じなんですよ。つ
まり、皆さん同じようなところでミスを犯しているのですね。もし、最初
から私たちのような専門家に相談してくれれば簡単に資格変更が出
来たケースなのですが、入管法のことがよくわからないままにご自分
で申請したために不許可になっているケースです。
シンディー 先生、それでは紹介して頂けますか。
中野辰宏 まず、ひとつ目はこんなケースです。この方はコンピュータ関係の専
門学校を卒業した方なんですが、出席率は100%で、成績もTOPでし
た。卒業式では校長先生から成績優秀で「校長賞」をもらったような
方です。
シンディー へえ、凄いじゃないですか。そんな方が不許可になったのですか
中野辰宏 はい、私は今までも何度となくこの番組でも話して来たことですが、
留学生の就職で最も注意しなければならないのは大学や専門学校
で勉強してきた科目と就職先での仕事の種類が関連していなければ
ならないということです。
シンディー そうですね。大学を卒業した方が通訳や翻訳で就職するのは比較的
簡単だけれども、貿易業務や営業マンとして働くことは難しいというこ
とでしたね。
中野辰宏 はい、そのとおりです。それで、この彼女のケースでは、やはり、就
職後の職務を「貿易実務」として書類を提出したのですよ。
シンディー それで不許可ですね。
中野辰宏 そう、理由は「あなたは,従事しようとしている業務について、これに必要な科目を専攻して大学を卒業し若しくはこれと同等以上の教育を受け又は従事しようとしている業務について10年以上の実務経験により、当該知識を修得しているとは認められません」というものでした。つまり、彼女は自国で卒業した大学での専攻科目も、今回日本の専門学校で専攻した科目でも、また10年間の実務経験のいずれ
に照らしても「貿易業務」に従事することは出来ませんということなのです。彼女の就職先の会社は貿易会社でした。彼女は専門学校に通いながら資格外活動の許可を取得して学校が終ってから午後6時から9時頃までこの会社で「貿易業務」のサポーターとしてアルバイトをしていました。だから貿易実務についてはもう殆ど何でもできました。だから会社の社長も安心して今回の申請をしたようです。
シンディー ところが、彼女の専攻科目はコンピュータ関係だったということです
ね。そしてそれでは貿易実務はできないということですね。
中野辰宏 はい、そういうことです。入管での手続はね、一度不許可になってし
まうとそれを覆すのは本当に難しいのです。入管は「本人が最初に
申請した書類に書いてあることが真実だと判断します」という言い方
をします。入管法なんて日本人だってよく知らないし、まして外国人の
場合はなおさらよく知らないんだけどね。
シンディー だけど、とにかく最初に出てきた書類を見るということですね。
中野辰宏 うん、だから私たち専門家でもこれをひっくり返して許可を取るのは
本当に難しいのです。
シンディー 先生、それでこの彼女のケースではどのようのフォローされたのです
か。
中野辰宏 それはある意味では私のノウハウであり企業秘密なんだけれど。
「貿易実務は今やインターネットを利用して世界中とmail一本で取引が出来る時代になっている。したがって、今や海外貿易にはパソコンを操作できる技術者は欠かすことが出来ず、彼女の業務(パソコン操作)は貿易実務とは切り離して考えることはできない、彼女の就職先の会社においてもインターネットを利用して貿易を行っており、今
後はそれが中心の業務となるので、彼女は会社の今後のビジネス
にとって、とても重要な存在である。」というようなことを力説しました。
シンディー なるほど、、、、さすが先生ですね。それだったら彼女のVISAはOK
になるでしょうね。
中野辰宏 はい、もちろん私は自信があります。
シンディー 彼女は最初から専門家の所に相談に行っていれば何の問題もなかったでしょうね。
中野辰宏 はい、それはとても大事なことです。
シンディー 先生、もうひとつはどんなケースですか。
中野辰宏 これも、就職先は貿易会社です。就職する留学生の大学での専攻
は考古学でした。彼女は母国語の他に3ヶ国語を自由に喋れる方です。
シンディー だけど、やっぱり「貿易業務」に就職すると書いて申請したのですか。
中野辰宏 ははは、よく分かるね。そのとおりです。
シンディー 考古学を勉強した人の就職先ってどんな所があるのですか。
中野辰宏 例えば、博物館とか図書館とか考古学関係の出版社だろうね。
シンディー 先生、もちろん通訳として就職するのは貿易会社だから何の問題も
ないですよね。
中野辰宏 まさにそのとおりです。母国語の他に3カ国語も喋れるのだから通訳
こそが打って付けなんですよ。実際社長さんは通訳として採用するつもり
であったのです。しかし通訳が働く部署というのは「貿易部」であ

り貿易営業マンのサポーターとして働くことが多いでしょう。だから殆ど
何も考えずに貿易業務に従事するとして書類を出したのでした。
シンディー やっぱり、専門家にすれば問題がないケースですね。
中野辰宏 そう、この番組でも何回も何回もこの問題は取り上げて放送している
のですが、まだまだ我々の力不足なのかな?
シンディー 先生、同じテーマであってもリスナーさんにとって役に立つ情報で
あれば何回も何回も放送した方がいいですね。
中野辰宏 そうですね。そのことは今後も心がけて行きましょう。
シンディー ところで、先生の事務所のホームページではこの番組の内容を日
本語だけでなく英語でもハングル語でも公開してくれているのです
よね。私もアクセスしてみましたがこの番組の他にも役に立つ情報が

沢山ありますね。
中野辰宏 はい有難うございます。この番組でのシンディーさんとのやり取りは、
英語とハングルで公開しています。他にも私のHPでは英語、スペイン語、
ポルトガル語、中国語、ハングル語でも入管手続のことやビジネスに
関する情報を発信しています。日本で暮らす外国人の皆さんの役に
立つ情報が一杯ですからアクセスして頂きたいですね。
シンディー 先生、ホームページのアドレスを教えてくれますか。
中野辰宏 YAHOOやGOOGLEで「LEGAL-BRAIN.COM」で検索してもアクセス
できますがURLは 
http://www.legal-brain.com  です。
シンディー 先生、今日は有難うございました。
中野辰宏 はい、私のほうこそ