No.1 Visa Specialist with multi-language solutions in Kansai 
English
中文
Espanol
お問合せ
サイトマップ
HOME
中野国際法務綜合事務所
〒530-0041   大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館11階
TEL:06-6354-3928 FAX:06-6354-3930 E-Mail:t.nakano@legal-brain.com
COPYRIGHT(C) 2007 LEGAL-BRAIN CO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.    
2002年4月2日放送
「オーバーステイから永住者へ」
シンディー 中野先生こんばんは。今日もよろしくお願いします。
中野辰宏 はいこんばんは。私の方こそ、よろしくお願いします。
シンディー 先生、今日は永住を希望しているリスナーの方からFaxが届いてい
ますのでよろしくお願いします。
中野辰宏 ちょっと見せてくれますか。
アジアの出身の男性ですね。観光VISAで入国後オーバーステイにな
ったけれど、6年前に日本人の女性と結婚をして在留特別許可を取
得したのですね。在留資格は「日本人の配偶者等」で3年の在留期
間をもっていると書いてありますね。現在二人のお子さんがいて、小
さな町工場の工員ということですか?
なるほど分かりました。
シンディー 先生、この方のようにオーバーステイだった人が永住許可をもらうと
いうのはやはり難しいのでしょうか?
中野辰宏 う〜ん、そうですね。永住許可要件は入管法の22条に書かれている
のだけれどその第1番目に「素行が善良であること」という「要件」が
あるのですよ。「素行が善良であること」ってシンディーさんは解かる
よね?
シンディー はい、もちろんですよ。帰化の要件にもありましたね。日本の法律に
違反したりしないことですよね。
中野辰宏 そうですね。日常生活での態度や行動が「日本の社会における通常
人としてとして非難されない程度」のものであれば問題ないですね。
シンディー 犯罪を犯して罰せられたような場合は駄目ですね。税金をきちんと
払うと言う事も大事なことですね。
中野辰宏 そのとおりです。さすがシンディーさんだ。もう長いものねこの番組
も。
シンディー へへへ、そういうことです。ところで先生、そうするとオーバーステイ
の方の場合はどのように考えたらいいのでしょうか?
中野辰宏 うん、シンディーさんはどう思う?
シンディー そうですね。。。。オーバーステイというのは入管法(Immigration 
Law)に違反しているのでしょう。そういうことなら素行が善良とは言
えないのかな?先生、オーバーステイになると退去強制になるので
すよね。
中野辰宏 オーバーステイというのは、「在留期間の更新又は変更を受けない
で在留期間を経過して日本に滞在」していることを言います。入管法
の24条には不法滞在の場合には退去強制にすることができると規
定されています。また70条には不法滞在罪ということで、「3年以下の
懲役若しくは禁錮若しくは30万円以下の罰金」に処せられると罰則
が規定されています。
シンディー 先生、かなり厳しい内容ですよね。ということは先生、この相談者の
場合はやはり永住は難しいのではないでしょうか?
中野辰宏 たしかにそういう見方もできますね。しかしねシンディーさんオーバー
ステイに場合には「退去強制にすることができる」と規定されている
のです。つまり退去強制にするかどうかは法務大臣が決めることで
あってオーバーステイは必ず退去強制になるとは規定されていない
のですよ。また不法滞在罪に対する罰則についても、適用されてつ
まり裁判で有罪判決が確定した時にその効果を生じるのですよ。
シンディー なるほど、法律というのはそういうものなのですね。
中野辰宏 そこで、この相談者の場合について考えてみると、確かに過去にお
いて入管法に違反してオーバーステイだったんだけれど、その時点
では退去強制はされなかったんだよね。そしてその後、日本人の女性
と結婚したので入管に出頭して在留特別許可をもらったのですよ。
在留特別許可によって彼は「日本人の配偶者」として合法的に
日本で滞在できることになったわけだよね。
シンディー はい、そういうことですね。現在彼は法律に違反しないで日本で暮らして
いるのですね。おそらく奥さんと二人の子供のためにまじめに町工場で
働いているのでしょうね。だから3年のVISAをもらったのですよね。
過去は過去、今をしっかりと見てくださいと言えば何か可能性があるかも
知れないですね。
中野辰宏 いいことをいうな。まさにそういうことなのです。この番組では今まで
に何度も言ってきたことですが、永住許可をもらうためにはそれぞれの
在留資格について最長の在留期間をもらっていないといけないと。
シンディー そして、3年の在留期間をもらっているということはその方の在留を入管が
信用してくれているのだということですよね。先生 
中野辰宏 そう、そういうことなのです。もちろんそれぞれ皆さん事情が違うから断言は
できないけれど、この方の場合を考えると、日本人と結婚して在留特別
許可をもらったこと。その後6年を経過していること。二人
の子供にも恵まれ町工場の労働者としてまじめに一生懸命働いているこ
となどを考えれば永住は許可されるの可能性が大きいと思いますよ。
シンディー 先生、永住の場合は一度入管に永住相談に行かれるのがいいのですよね。
中野辰宏 そうですね。入管に相談に行かれることをお勧めします。外国人登録証と
パスポートを持って行って「永住申請をしたいのです」と相談して
ください。もしOKだったら担当者が永住許可申請に必要な用紙と準備
する書類を教えてくれます。駄目な場合は「あと1年位待ってもう一度
相談に来てください」というように言ってくれます。怖いことはないので勇気
を持って相談に行けばいいですよ。
シンディー このリスナーさんの永住許可がOKになるといいですね。
ところで先生最後に、行政書士さんによる外国人無料相談の情報を
教えていただけますか。
中野辰宏 分かりました。わたしもほとんどの相談会に参加していますので、お気軽に
ご相談ください。それではリスナーの皆さんメモのご用意はいいですか。
1.主催:大阪府行政書士会
時間:毎月第二水曜日:午後1時から4時
場所:大阪市中央区南新町1丁目3番7号大阪府行政書士会館
電話:06-6943-7501
特徴:英語、スペイン語、中国語、ハングル語等原語相談OK

2.主催:行政書士入管手続研究会
時間:毎月第三金曜日:午後1時から4時
場所:豊中市北桜塚3-1-28 財団法人とよなか国際交流協会2階
電話:06-6843-4343
        
3.主催:財団法人とよなか国際交流協会(行政書士入管手続研究会協力)
時間:毎週金曜日:午後1時から4時
場所:豊中市北桜塚3-1-28 財団法人とよなか国際交流協会2階
電話:06-6843-4343

4.主催:行政書士入管手続研究会
時間:毎月3日間(月初)24時間
HPアドレス:http://ajisai.sakura.ne.jp/~gnk/
特徴:インターネット無料相談
e-mail: gyonyuke@mbox2.inet-osaka.or.jp
        
シンディー 先生、今日は有難うございました。