No.1 Visa Specialist with multi-language solutions in Kansai 
English
中文
Espanol
お問合せ
サイトマップ
HOME
中野国際法務綜合事務所
〒530-0041   大阪市北区天神橋2-5-25 若杉グランドビル本館11階
TEL:06-6354-3928 FAX:06-6354-3930 E-Mail:t.nakano@legal-brain.com
COPYRIGHT(C) 2007 LEGAL-BRAIN CO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.    
2002年8月6日放送
「投資経営ビザの投資額」
シンディー 中野先生こんばんは、今日もよろしくお願いします。
中野辰宏 はい、こんばんは。私の方こそ今日もよろしくお願いします。シンデ
ィーさん「よくある相談シリーズ」はなかなか評判がいいようですね。
シンディー  はい、おかげさまで。。。。そこで先生、今日の「よくある相談」は、
投資・経営ビザをGetするためには、会社の資本金はどの位必要で
すかという相談です。
中野辰宏 なるほど、確かにこの相談も多いですね。
シンディー 先生、投資・経営ビザは難しいですよね。
中野辰宏 そうですね、経営者のビザですからね。他のワーキングビザに比べ
たらやはり難しいよね。ただね、シンディーさん投資・経営ビザには
それだけの価値があるということなのですよ。
シンディー はい、分かりますよ。会社を経営できるのですからね。成功すれば
お金もいっぱい儲かりますしね。
中野辰宏 そういうことです。そこでシンディーさん、本題に入りますが、外国人
が日本でビジネスを始める時に作るポピュラーな会社は知ってるよ
ね?
シンディー はい、株式会社と有限会社だと思います。株式会社は1千万円以
上、有限会社は300万円以上のお金を出さないと作ることが出来ま
せん。
中野辰宏 そのとおりです。ところでねシンディーさん、ただ単にお金を出して会
社を作れば投資・経営ビザは取れるのだろうか?1000万円を出して
会社の登記をすればそれでOKかな?
シンディー もちろん、それだけでは駄目ですよ。ビジネスをするためのオフィス
やショップがあって、そこには二人以上の職員が働いていなければ
なりません。
中野辰宏 そういうことですね。事業場とそこで働く従業員がいなければ投資経
営ビザはもらえないのですね。事業場というのは事務所オフィスや
お店などですね。運送業等を営む場合にはトラックやバンなどの車、
車庫、そして事務所が必要になりますね。そして、行う事業も許可が
必要な場合にはそれを取得しなければなりません。例えば運送業
の場合は運送業の許可が必要だし、レストランの場合は飲食店の
営業許可が必要になります。
シンディー 先生、ふたり以上の従業員は日本人でなければ駄目ですか?
中野辰宏 いいえ、外国人でもいいですよ。但しその外国人は、日本人又は永
住者との結婚ビザを持っている人や永住ビザか定住ビザを持って
いる人に限られます。
シンディー 先生、つまり投資経営ビザをGetするためには、ただ単にお金を出
して会社を作ったらビザがOKになるのではなくて、そのお金がどの
ように使われているかが重要だということなのですね。
中野辰宏 そうそういうことです。会社を設立して事業場を設け、そこで働く人が
いて初めてビジネスができるわけでしょう。投資経営ビザはそのた
めのビザなのですから、その事業を営むに足りるだけのお金が必
要だということなのです。だから、1000万円で株式会社を作ったら投
資経営ビザがとれますかとか300万円の有限会社ならどうですかと
言う質問はあまり意味がないのです。
シンディー 「私は日本でこんな商売がしたい、そのためにはこれだけのお金が
必要になります。そのために私はこれだけのお金を出して会社を作り、
オフィスも借りて、職員も雇いましただから投資経営ビザを下さい」と
いうアピールをすればいいのですね。
中野辰宏 そういうことですよ。貿易会社を作って商売をするのと、レストランの
オーナーになるのとでは投資する金額はかなり違いますね。貿易会社
であれば、小さなオフィスと机と電話とFaxそれに最近ではパソコ
ンがあればとりあえず商売はできますね。従業員は一人でも何とか
やっていけますね。ところがレストランとなると、コックさんは絶対必
要でしょう。お客様に料理を運ぶウエイトレスも必要だし、レジスター
だって必要ですね。お店が大きいとウエイトレスは何人でも必要ですね。
また、お店の場所が駅前や商店街の中などいいポジションにある
場合はお店の家賃が高くなりますね。投資するお金の額が全然
違ってくるでしょう。
シンディー 先生、500万円以上の会社を作ればOKだと聞いたことがありますが、
どうですか?
中野辰宏 先ほどから言っているとおりだけどね。。。。ただ、例えば「新規事業を
開始する場合の投資額が500万円」の会社の場合、仮に二人以
上の常勤職員を雇用していない場合であっても投資経営ビザが認
められることはありますね。そういう意味では500万円というのは一
つの基準そして考えることができると思います。どんな業種でも500
万円でOKというものではないですから注意してくださいよ。
シンディー 先生、マネージャーとして投資経営ビザをもらう場合について簡単
に説明してくれますか。
中野辰宏 はい、実は投資経営ビザには「投資して会社を経営」する場合だけ
ではなくて、その会社の管理者つまり、マネージャーとしてビザをもらう
事もあります。この場合はねシンディーさん、投資した外国人に代わって
管理者として勤務することが要件です。投資していることは要件
ではありません。つまりお金を出していなくてもいいのです。その
かわり管理者としての経験が3年以上必要になります。そしてその
場合の報酬は日本人と同等以上でなくてはなりません。
シンディー 先生、やはり投資経営ビザは難しいですね。今日はよく分かりました。
どうも有難うございました。
中野辰宏 私の方こそ,有難うございました。